棚作り(スプラウトニンニク用)

2020/07/18

Hさんが新しく「スプラウトニンニク」という野菜作りに挑戦しています。

「スプラウトニンニク」と言うのは、ニンニクが発芽して新芽が出た状態で、普通のニンニクより栄養があるんだそうです。

ニンニクが発芽するのは寒くなってくる季節なので、今の状態だと休眠と言う状態になって発芽しにくいそうです。

なので涼しい場所に棚を付けて、涼しい所で発芽を促す「休眠打破」と言う方法を取っています。

Hさんは実験的にヤクルトの空き容器を使っていましたが、それは上手くいきませんでした(´・ω・`)

なので、専用の箱を購入しました。

上手くいけばニンニクの栽培からスプラウトの栽培への流れが出来て、仕事の幅を広げることが出来るし、市場にあまり出ない「スプラウトニンニク」をお届けする事も出来るでしょう。

安定した発芽方法は確立されていないので、全て手探りですが、「難しいけれど頑張りたい」とHさんは話してくれました。