喜富パンのこだわり。

2020/07/21

前回パティスリーを取材した時に「パン作りのこだわり」も聞いていたので、今回はその『こだわり』について書きたいと思います。

パン作りの基本として温度チェックが必要だと聞きました。

粉と水を混ぜる時、気温と室温を細かくチェックして水の温度を決めています。

具体的に室温や気温が高い時には冷えた水を使い、室温や気温が低い時にはぬるま湯を使っています。

この管理を怠ると美味しくないパンが出来てしまうそうです。

パンを作ったことがある人には当たり前のことかもしれませんが、私はそんな細かい作業がある事を知らなかったのでビックリしました。

スタッフのKさんは、喜富の人や、喜富パンを買って下さった人達が、「このパン美味しいheart」と言ってくれることを目指して、日々パン作りに励んでいるそうです。

こだわりが詰まった喜富パン、店頭やバザー等で一度手に取っていただければ幸いです。